ブログカテゴリー

カラー 髪のQ&A

『市販のカラー剤』と『美容院のカラー剤』の違い

投稿日:

武蔵新城駅から徒歩3分、デジタルパーマ、縮毛矯正大好き美容師

『ROCCO』(ロッコ)

の森 和磨です!!

 

僕の自己紹介です!

↓ ↓ ↓ ↓

武蔵新城『ROCCO』の森和磨のあれこれ

↑ ↑ ↑ ↑(ポチっとして読んでください)

 

 

こちらから予約、ご質問も承りますので、 ポチっと押してください!!

(スマートフォンからのみ登録できます)

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

友だち追加

 

 

ROCCOのホームページはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

『ROCCO』ホームページ

 

※注意※

まだ今は

『ヘアールーム はてるま 武蔵新城店』

として営業中です!

↓ ↓ ↓ ↓

はてるまホームページ

 

 

 

Q,市販のカラー剤と美容室で使ってるカラー剤は何
が違うんですか??

これも美容室では結構多い質問です。

市販のは傷みが強いってことは何となくわかるけど、

具体的に何でかは知らない方が多いと思います。

A,まず大きく分けてカラー剤には、

・髪を脱色して明るくする為の

アルカリ剤

・明るくした髪に色味を入れるための

酸化染料(または直接染料)

・アルカリ剤、酸化染料を作用させる為の

酸化剤

という物が入ってます。(なんか化学の授業みたい)

この中の「アルカリ剤」が、

市販カラー剤・・・揮発性がない「モノエタノールアミン」

サロンカラー剤・・・ 揮発性の高い「アンモニア」 

を使っていることが多いという違いがあって、

揮発性が低いと、アルカリ剤が髪の中に残ったままということになります。

アルカリ剤が残ったままになると、

シャンプーをするたびに髪の中の栄養分や、カラーで入れた染料が抜けていって、

これが髪に大きなダメージを与える原因のひとつになります。(色持ちが悪くなる原因にも)

BlogPaint

↑ ↑ ↑ ↑
(こんなイメージ)

髪は元々弱酸性、アルカリ剤が残ったままだと、

髪がアルカリ性にかたむいたままになってしまいます。

やっぱり髪の毛は弱酸性の状態が、

一番髪の毛らしくいられる状態なのです!

他にも塗り方や、放置の仕方等で仕上がりに違いが出てくるのですが、

結局まとめると、、、、

市販のカラー剤より美容室のカラー剤の方が、

ダメージも少なく色持ちも良い‼

っていうことです!

 

 

 

 

 

それでは今日はこの辺で(^o^)/

川崎市中原区新城1011ー101

TEL044ー920ー9791

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-カラー, 髪のQ&A
-, , ,

Copyright© ~ROCCO(ロッコ)~ 武蔵新城の子供から御年配の方まで幅広く愛される美容室、美容院 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.